低体温に悩む女性

癌(がん)細胞は「低体温」「高血糖」「低酵素」の環境を好みます。

そして、癌(がん)細胞が好む体温は「35度台」を最も好み、39.3度で死滅します。

あなたの体温は、癌(がん)が好む体温ではありませんか?

低体温の危険性

1、血流が悪くなり肩こりや首こりが起きやすくなり頭痛やめまいなどに繋がる。
2、免疫力が低下する。
3、癌(がん)細胞が活性化する。
4、気力の低下、鬱症状が出る。

低体温・冷え性を解決する良い方法は、
冷え性、生理痛、低血圧、ホルモンバランスの崩れなど、
女性ならではの悩みを解決するためのプログラム
「パーフェクトブルーデイズプログラム」をお試し下さい。
自宅で改善することが出来ます。

36.8℃の健康体温を取り戻そう!
パーフェクトブルーデイズプログラムの詳細


 

低体温で癌(がん)細胞が活性化する

低体温になると癌(がん)細胞が活性化されます。低体温だとリンパ球が十分に活躍できません。リンパ球とは白血球の一種で免疫機能があって異物に対して攻撃をします。

この白血球にはリンパ球が多く含まれているのですが、低体温になると血行が悪くなり血液の流れが悪くなり、体内でリンパ球が十分な活躍ができなくなります。

リンパ球の一種である「NK(ナチュラルキラー)細胞はパトロールして癌(がん)細胞を攻撃してくれる」のですが、低体温でリンパ球が減ったり活躍できなくなることで、癌(がん)細胞を攻撃して動きを抑えることが難しくなるため、癌(がん)細胞が活発化してしまいます。

癌(がん)だけでなく、当然違う病気に対しても抵抗が低くなりますので、病気になりやすい体になってしまっています。だからこそ、低体温は危険と言われていますので、低体温の自覚があるようでしたら体温を上げるようにすることに専念しましょう。

低体温で癌(がん)細胞が活性化する危険性

低体温になると癌(がん)細胞が活発化してしまいます。

低体温により癌(がん)細胞が活発化してしまうと、どのような危険性が高まるのか、それは転移になります。
転移してしまうと完治するのはかなり難しくなるのが癌(がん)です。

低体温によりリンパ球が少なくなることで活発化してしまうのですが、癌(がん)細胞は血液に流れ込んでしまいます。
流れたとしてもリンパ球によってガン転移を抑えているのですが、その機能が低くなれば転移しやすい状態となります。
ですので、低体温になっていると癌(がん)細胞が活発化して癌(がん)転移しやすくなります。

癌(がん)治療はあまり活発な状態ではなく、さらに転移していない状態で治療することが大事です。
そのためにも、転移しやすい状態を作り出さないのが一番ですので、低体温を解消することが自分のためにも大事になります。

1.低体温とは?

低体温とは36度未満の体温の事を低体温と呼びます。病名ではありませんので勘違いしないようにしましょう。

本来、人の平均体温は36~37度を保てるように毛穴を閉じたり汗をかいたりしながら体が自動で体温調節をしてくれるような仕組みになっています。

しかし元々女性に多かった低体温ですが、近年何らかの原因で子供や男性など幅広い年齢層で増えているのも事実です。

体温は日本人ですと36,5度が一番酵素の働きを良くしてくれるのですが、低体温ですと酵素があまり働かず新陳代謝が悪くなってしまったり免疫力も定価してしまうので風邪や感染症等の病気になりやすくなってしまいます。

そして体が太りやすくなったり老化が早くなるのも低体温の影響の一つでもあります。

2.低体温の原因は?

低体温の原因は人それぞれ違い、いろいろあって、複数の原因が重なっていたりしますが、以下のようなことが原因として考えられます。

  • ストレス
  • 筋力の低下
  • 基礎代謝能力の低下
  • 有酸素運動をしていない
  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • エアコンばかり使用している
  • 悪い姿勢
  • タバコ

低体温の原因は、病気などの原因がない場合は、ほとんどが「生活習慣」からきているものです。日常で偏った食事や体を冷やしてしまう行為、運動不足など血行が悪くなる行動を日常で取っていると低体温になりやすくなってしまいます。

また、甲状腺ホルモンという代謝に関係があるホルモンが足りなくなると低体温になってしまったりします。もし、体が疲れやすかったりむくみやすい等の症状がある場合は病院に行って一度診察してもらいましょう。

そして、無理なダイエットや自律神経等に影響が出てしまう程の精神的ストレスなんかも低体温を引き起こす原因になりますので気をつけましょう。

栄養面ではミネラルやビタミンの不足が低体温に繋がる事があります。これらの栄養素は低体温だけではなく貧血や女性なら生理不順も引き起こす可能性がありますので意識して摂るようにすると良いでしょう。

3.低体温対策は?

低体温対策は、体温を上げる生活習慣を心掛ける事が大切になります。

まず食事の面では冷たいものや甘いものをあまり食べないようにしましょう。冷たいものはわかるけど何故甘いものも駄目なのか不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、糖分には体を冷やす効果があるので食べ過ぎは低体温に繋がってしますのです。

そして季節の野菜を食べるようにしましょう。何も考えず冬に夏野菜などの体を冷やす効果のある野菜ばかり食べてはいませんか?食べてはいけないというわけではありませんが、出来る事ならせめてサラダではなく鍋にするなど調理で工夫をするのが良いでしょう。

後は温かい飲み物を飲んだり、運動をするようにしたり、シャワーではなくお風呂に浸かるようにしたりと様々な対策がありますので是非日常に取り入れてみて下さい。

再現性のある確かな方法で低体温を改善したい方は以下のマニュアルがおすすめです。

低体温・冷え性を解決する良い方法は、
冷え性、生理痛、低血圧、ホルモンバランスの崩れなど、
女性ならではの悩みを解決するためのプログラム
「パーフェクトブルーデイズプログラム」をお試し下さい。
自宅で改善することが出来ます。

36.8℃の健康体温を取り戻そう!
パーフェクトブルーデイズプログラムの詳細

4.低体温と風邪について

低体温と風邪には繋がりがあります。
元々低体温自体が免疫力が低下するという症状があるので、必然的に風邪などのウイルス系の病気にかかりやすくなってしまいます。

更に風邪にかかった場合は本来、悪いウイルスを死滅させようと体が熱を出してくれるのですが、普段が低体温の方ですと体の中が温まりにくくずるずると風邪が長引いて治らないという事が起きてしまいます。

中には風邪のひき始めに体が熱っぽく、体温計で測ってみると37度で意外と熱がないなと感じる方はいらっしゃいませんか?
そういう方は普段が低体温の可能性があります。
普通の体温の人ですと37度は平熱か精々微熱程度になります。
しかし低体温の人ですと元が低いので37度は熱がある状態になります。

その場合はあまり無理をせず安静に過ごしましょう。

5.低体温と免疫について

先程も少し触れたように、低体温と免疫は密接な関係があります。
低体温は大まかに言えば免疫力にとって大敵になります。

体温が1度下がるだけでも免疫力は30%低下すると言われるので低体温の方はずっと免疫力が低いままになってしまうのです。

そもそも免疫とは風邪などのウイルス性の病気やがんなどから体を守ってくれるものになります。

つまり低体温の人は防御力が低いまま日々過ごしている状況になるので、風邪などにかかりやすくなります。

では体温を上げれば免疫も上がるのかというと半分正解で半分間違いです。
確かに体温を上げれば免疫も上がりますが、一時的に上げただけではあまり効果はありません。
そして免疫は上げすぎも良くないのです。

なので普段から無理なく体温が上がるような対策を日常に取り入れていくと、自然と健康的な免疫力の上がり方をするので心掛けていきましょう。

更に詳しいことは低体温を改善するマニュアルの詳細ページを読んでみてください。

低体温・冷え性を解決する良い方法は、
冷え性、生理痛、低血圧、ホルモンバランスの崩れなど、
女性ならではの悩みを解決するためのプログラム
「パーフェクトブルーデイズプログラム」をお試し下さい。
自宅で改善することが出来ます。

36.8℃の健康体温を取り戻そう!
パーフェクトブルーデイズプログラムの詳細

6.低体温と食事について

低体温と食事の関係は日々重要なものになっていきます。
体温が低い方は低体温になりやすい食事を摂っていませんか?

冷たい飲み物や食べ物の食べ過ぎ、糖分たっぷりの甘いものばかり食べていませんか?
こういう偏った食事の場合体の中から冷えてしまい低体温になりやすい体になってしまいます。

そういう方はバランスの取れた食事はもちろんですが、温かい物を食べたり飲んだりするようにしましょう。

食事療法をする事で低体温はかなり改善されていきます。

では体を温めてくれる効果のある食べ物はどういうものなのか。

野菜ですと人参やしょうが、にんにくやかぼちゃなどが挙げられます。
意外な事に、りんごやぶどうなど果物にも体を温める効果があるものがあります。

飲み物ですと基本温かいお茶はどれも良いものです、更にあまり多量摂取はいけませんが日本酒や赤ワインなんかも体を温めてくれる効果があるのでお酒が好きな方も是非試してみて下さい。

ごま油や味噌なんかも効果がありますのでお料理には是非取り入れたいところですね。

7.低体温と頭痛について

日頃特に理由が思い当たらないのに頭痛が多い方はいらっしゃいませんか?
もしかしたらその頭痛は低体温から来ているものかもしれません。

低体温と頭痛は関係性があります。
主に女性に見られやすい症状の一つになります。

日常から頭痛がしたり、生理中に頭痛がしたり、それは血流の悪さからきている可能性があります。

低体温ですと血流が滞ってしまい悪くなってしまいます。
これは悪循環に繋がり、血流が悪くなって低体温に繋がるという言われもあります。

言い方は少し違えど結局は血流が悪くなってしまい、その結果脳に酸素や栄養をうまく供給出来なくなり脳が貧血状態になってしまいます。

この状態になってしまう事が頭痛に繋がりますので、もし頭痛が多い場合は体を温めるためにお風呂に浸かってみたり寝る前にストレッチを毎日するなどして血流の流れを良くするようにしましょう。

これまでに325名の低体温改善してきた、3つのステップを知りたい方は以下の詳細ページにアクセスしてください。

低体温・冷え性を解決する良い方法は、
冷え性、生理痛、低血圧、ホルモンバランスの崩れなど、
女性ならではの悩みを解決するためのプログラム
「パーフェクトブルーデイズプログラム」をお試し下さい。
自宅で改善することが出来ます。

36.8℃の健康体温を取り戻そう!
パーフェクトブルーデイズプログラムの詳細

8.男性の低体温対策は?

最近増えている男性の低体温ですが、対策は先程挙げた基本的な低体温の対策や冷え症の対策と同じものになります。

そもそも男性の低体温の原因に多いのは食生活の乱れや日々の精神的なストレスがメインとされています。
更に男性の低体温の場合は腎臓や肝臓に影響が出やすいとも言われ、腰痛やEDなどにも繋がりやすくなってしまいます。

それを避けるためにもお店や出来合のものでも良いので栄養バランスのとれた食事を心掛けること、喫煙やアルコールは控えること、適度に運動をすること、これらが男性の低体温への対策に重要なものとされてきます。

また、男性の低体温も女性同様生殖器官への悪影響になってしまいます。
最近では男性の不妊も多く、原因には低体温が挙げられる事も多いのです。

だからと行ってサウナや熱のこもるようなぴっちりした下着をつけるのも逆効果になりますので、普段の生活から改善出来るようにしていきましょう。

また、筋肉は熱の生産工場とも言われますので、筋肉を鍛えることで低体温も改善していきます。運動は「運を動かす」のです。

低体温を根本から改善するための一般書店では手に入らないマニュアルも試してみてください。

低体温・冷え性を解決する良い方法は、
冷え性、生理痛、低血圧、ホルモンバランスの崩れなど、
女性ならではの悩みを解決するためのプログラム
「パーフェクトブルーデイズプログラム」をお試し下さい。
自宅で改善することが出来ます。

36.8℃の健康体温を取り戻そう!
パーフェクトブルーデイズプログラムの詳細

ウォーキングで血流を良くしましょう

ウォーキングで血流アップ足は第2の心臓と言われています。
心臓と足は、非常に深い関係があります。
ウォーキングをする事により、心臓と足はうまく機能するようになるのです。
心臓から体全体へと送られた血液が、滞ることなく体中を巡っているのは、足が心臓へ血液を送り返すポンプのような役割をしているからです。

まさに、足は第2の心臓と言われる所以ですね。
一日中会社でデスクワークをしていると夕方足がむくんでくるのは、何もしなかった足先に血液が集まってしまった状態なのです。
ですから、血液を問題なく心臓に送り返す為に、足をマッサージしたり動かして筋肉を収縮させたり刺激する必要があるのです。
足をいい具合に刺激するのに効果的なのが、ウォーキングなのです。
ウォーキングは、ジョギングや激しい運動と違い、ひざや腰に負担をかけないで足を刺激してくれます。

ウォーキングによって血流が良くなれば、冷え性が改善したり、肩こり、頭痛にも効果が表れるのです。
体を鍛える、ダイエットなどをウォーキングの目的にしますが、実は血液の巡りを良くするという大事な働きもあったのですね。
ウォーキングをすると、心臓が一度に血液を送り出す量が増加してきます。
ちゃんと働く強い心臓にしてくれるのです。

あなた本来の健康な体温を取り戻して健康で幸せな人生にしていきましょう。